沿  革


昭和45年 1月 資本金3,000,000円で尼崎において株式会社渋谷製作所を創設。
昭和48年 4月 資本金12,000,000円に増資。
昭和48年 6月 大阪市東成区に新工場完成移転。
昭和49年 2月 高温高圧配管、鍛鋼製高温高圧用継手の専門工場に切り替える。
昭和52年 4月 資本金32,000,000円に増資。
昭和58年 6月 京都工場第1期工事完成。 京都工場操業開始。
昭和63年 6月 京都工場第2期工事完成。
平成 1年 4月 京都工場第3期工事完成。
平成 3年12月 石川島播磨重工業株式会社、原子力事業部の認定工場となる。
平成 6年 4月 京都工場第4期工事完成。 大型NC機械を設置しシステム化を行い生産体制の強化を高める。
平成 8年10月 京都工場第5期工事完成。
平成18年 3月 本社、丹後工場間のオンライン化。
平成20年 8月 大阪営業所を開設。
平成22年 9月 大阪営業所と物流センターを統合して新社屋へ移転。
平成24年 1月 代表取締役社長 渋谷 浩史 就任。
平成25年 7月 ISO9001:2008 認証取得。
平成26年10月 代表取締役社長 八尾 裕次 就任。